清眼堂(SEIGANDO MEGANE WORKS)は福岡県飯塚市・田川市のサングラス、メガネのアイウェアショップです  

清眼堂・柴田 純一郎の「釣り日記」

2018年

10月

11日

【釣り日記05】日暮れ時、月あかりでのアジング

夕方のマッドウォーターでブラックバス釣り

【日付】2018年10月4日

【天候】晴れ

【釣り場】北九州若松

【釣った魚】アジ

予定していたポイントに入れなかったので、久しぶりに行ってみました。

今までは常夜灯がついていたポイントですが、一年程前から常夜灯がつかないという話しを聞いていて足が遠のいいました。

行ってみると、少し話しと違って常夜灯の調子が悪いみたいでついたり消えたりしていました。

夕まずめを少し過ぎ、日が落ちかけた時から入りました。入ってすぐは常夜灯はついてなく月あかりでのアジング。

1gから開始しますがバイトが浅い様で中々のらず、0.8gと0.6gと少しづつウェイトを落としていき最終的には0.5gがバイトが深くかかりが良い感じでした。

ワームも少しづつローテーションさせていき、クリアカラーに赤ラメ、青ラメに点発光のカラーがバイトも深く、アタリも多かったです。

常夜灯がついていない時の方がアタリが多く、30分に1回くらいのペースで常夜灯が着きます。

常夜灯がついた時に浮き気味のアジはゆっくりと沈んでいきます。常夜灯がついている間は沈んでいたり、明暗部にアジが光を避け避難している様でした。

 

 

メガネ情報:夜間の釣りも一工夫したレンズの眼鏡で釣り高アップ!

この日は先行者の方と一緒にアジングをしましたが、どうやらその先行者の方はアジの姿は確認出来ない様でした。

今回の釣行にもレンズに一工夫した眼鏡をかけていきました。

今回の釣行時に使用した眼鏡は、特定波長を抑制する特殊染料をレンズに練りこみ色彩感を向上させるレンズカラー。

 

清眼堂では、このカラーを含め釣りに最適な数種類のレンズをご提案出来ます。詳しくは店頭でお尋ね下さい。


2018年

10月

05日

【釣り日記04】北九州若松にて夕まづめからのアジング

夕方のマッドウォーターでブラックバス釣り

【日付】2018年10月2日

【天候】くも

【釣り場】北九州若松

【釣った魚】アジ

この日は休日。本当に久しぶりに夕まづめからのアジングです。

通い慣れたポイントでの釣行。餌の方、アジングの方と先行者の方に隣に入れて頂きアジング開始。

完全に餌にアジが付いている様でワームでの反応がイマイチでした。

日も落ち常夜灯が海面を照らしだした時間からワームでも反応し始めますが釣れるのは豆アジ。

20時からポイントを変えて仲間がいるポイントへ。

ライトの中には鯖が出たり入ったり。ライトの外側からアジの反応があります。

この日はカウント10から15の間でそこそこのサイズが上がります。

ライトの外側、内側どちらもボトム付近では豆アジでした。

またに狙ってみるライトの中に入っては出て行く鯖を狙ってみますが中々口を使ってくれません。

ワームのカラーを変えてクリアに赤ラメにすると1発。口を使ってくれます。そんな日でした。

ライトの中にたまに良いサイズのアジも確認出来るのですがこのサイズのアジはワームを見切るのか全く反応してくれません。

何十匹とアジを釣り上げた終盤にふと足元、そして鯖の少し下のレンジを良く見てみると50cmから70cmのスズキの魚体がチラホラと。

10匹程はわいているみたいでアジの反応も薄くなったのでストップフィッシング。

時計を見てみると0時。この日の釣果は釣れすぎでした。仲間のご近所さんの酒のつまみになるみたいです。

メガネ情報:明るく見せてくれるのに眩しさを抑える、不思議なレンズがあります

アジングの時には夜用のメガネレンズを使用しています。

普段から数種類の夜用メガネを愛用していますがこの日は雲だったので明るく見せてくれるレンズを使用しました。

ただ明るく見せるだけでなく、コントラスト性能を上げてくれながら眩しさを抑えてくれるレンズカラー。

「明るく見せてくれるのに眩しさを抑える?」不思議ですがそういうレンズを使用しています。

チリやゴミ、または針、そして風邪などから目を守ってくれる夜用メガネ。

数種類のレンズをご提案出来ます。詳しくは店頭でお尋ね下さい。

2018年

9月

27日

【釣り日記03】夕方のマッドウォーターでブラックバス釣り

夕方のマッドウォーターでブラックバス釣り

【日付】2018年9月25日

【天候】晴れ

【釣り場】飯塚市某野池

【釣った魚】ブラックバス

前回、前々回と朝方の釣行だったので今回は夕方に狙ってみる事に。

朝方はシャローに上がってくる時間が早い時間かもしれない。と、いう事で時間を大幅に変えてみました。

相変わらず「濁りが激しい」というか「水が汚い」というのが本音ですが、マッドウォーターです。

なぜにこの野池に固執して現在通っているのか?理由は家から近い!フローター を担いで歩いて行ける野池だからです。 

 

今回は少しロッドの事にも触れておきます。

今回使用しているロッドは6フィートのMH。ラバージグをメインにカバーの中から引きずり出すという釣り。ラインは25ポンドと結構太めです。

フローター で入ると分かるのですが、マッドウォーターやクリアウォーターと同じ池でも場所場所で水質が違います。今回狙いを定めているのはマッドウォーターですが、岸際はクリアウォーターの場所のシャロー。水深50センチ位のシャローに場所を絞っています。

やや遠くからカバー回りを確認してから1度岸にキャストしてからゆっくりと水の中にラバージグを落としていきます。シャローに上がって来ているデカめのバスのみに的を絞って狙ってます。水深50センチなんで勝負は早い。ブラックバスこそ見えませんが水面下には朽ちた太めの枝を確認。そこを狙った一投目。水の中にラバージグがす~っと入った瞬間に朽ちた枝の奥からブラックバスが出てきたのを目視。

ふっ。とラバージグを浮かせた瞬間にガバッ!と咥えた瞬間すかさずフッキング。瞬時にカバーに潜ろうとするブラックバスをロッドのパワーで押さえ込み見事にキャッチ成功。最後の最後まで必死に抵抗するブラックバスにバシャバシャと水がを顔面にかけられる事に。

50センチには届きませんでしたが狙いを定めた釣り方できちんと結果が出たので満足でした。


サングラス情報:水中だけでなく、木の下の影も確認しやすいレンズカラー「TALEX(タレックス) イーズグリーン」

フローターやボートなどは池側から岸際にキャストする事が多いと思います。木の下などの影になったカバーなどはやはり明るく見せてくれるレンズカラーは必須です。

今回もレンズカラーはTALEX(タレックス)のイーズグリーン。水中だけでなく、木の下の影も確認しやすいレンズカラーです。

また今回はブラックバスに顔面をビシャビシャにされました。

偏光サングラスをかけていると汚いマッドウォーターの水が目に入りにくいのでそんな所でも役に立ちます。

店舗のご案内

清眼堂 飯塚店

所在地:〒820-0070 福岡県飯塚市堀池117-2

電話   :0948-43-4829

営業時間:10時~19時(火曜日定休)

清眼堂 田川店

所在地:〒825-0017 福岡県田川市寿町1-15

電話&FAX:0947-46-2138

営業時間:9時~18時15分(不定休)

 

<アクセス>

【お車でお越しの場合】

国道322号線沿い九州労働金庫(ろうきん)のとなり。カーナビは住所または電話番号で検索して下さい。無料駐車場がございます。

【電車でお越しの場合】 

平成筑豊鉄道 伊田駅下車 徒歩10分。

 


お取扱いブランド

シーン・用途別

清眼堂サービス

TALEX(タレックス)見え方無料体験

MAXtremer(マックストリーマー)見え方体験

度付きハイカーブ・スポーツサングラスが実現

サングラスのカスタムツールでより快適に


Seigando Blog

Facebook