清眼堂(SEIGANDO MEGANE WORKS)は福岡県飯塚市・田川市のサングラス、メガネのアイウェアショップです  

偏光サングラスがもたらす新たな視界は水中の世界を激変させます

【シーン・用途別】釣り

偏光サングラスがもたらす新たな視界は、水中の世界を激変させます。「水面の反射」をカットし、「水中の気配」を知ることはもちろん、紫外線などの有害な光や、フィールドでの不意のアクシデントから大切な目を保護するために、偏光サングラスは欠かせません。 

清眼堂では、お客様のフィッシングスタイルに合わせてレンズカラーのご相談や度数の設定、老眼鏡用の遠近両用レンズなどの設定、フレーム選びまでお手伝いさせていただきます。

フィッシングにおススメの目に優しいクリアな偏光レンズ『ザ・レンズTALEX(タレックス)』

自然光の眩しさを和らげながら、有害な紫外線や反射光をカット。高性能の偏光フィルターが目に優しい光だけを通してくれます。豊富なレンズバリエーションからフィールドや用途、見たい対象物や時間帯など、ご自身の使用環境に合わせてレンズをセレクトしていただけます。実際に試着して見え方の違いを比較しながら、ご自分に合うレンズカラーをお選び下さい。


詳しくはこちら


清眼堂/SEIGANDO MEGANE WORKS おススメのフレームブランド

OAKLEY(オークリー)

トップアスリート支持率NO.1のスポーツアイウェア最高峰戸いわれるOAKLEY(オークリー)。カッコいいそのスタイルはフィッシングサングラスとしても人気です。清眼堂/SEIGANDO MEGANE WORKSではOAKLEY(オークリー)のサングラスはTALEX(タレックス)と相性の良いフレームとして製作致しております。

※モデルにより製作出来ないモデルもございます。

 

詳しくはこちら

ZEAL OPTICS(ジール オプティクス)

ZEAL OPTICS(ジール オプティクス)のサングラスは偏光レンズに特化した製品開発を行っており、フィッシング分野のトッププロに支持されるサングラスです。光学性能、軽量性、フィット感など高い水準が求められたフィッシングシーンにおいて高い支持を持つブランドです。

 

詳しくはこちら

Sight Master(サイトマスター)

アングラーフィッシングに求める機能を追求し、数々の名作を生み出してきたティムコ社のSight Master(サイトマスター)。

「Sight Master(サイトマスター)を、度付きで使いたい!」という声に応え、開発チームが総力を結集しTALEX PRO SHOP(タレックス プロ ショップ)限定モデルとしてリリースしたSight Master DL(サイトマスターディーエル)シリーズは必見です。

 

詳しくはこちら

注目のアングラ―:古賀 亮介さん(snif君)

当店とZEAL OPTICS(ジールオプティクス)がサポートしているアングラー・古賀 亮介さん(snif君)。

アジングやメバリングといった細糸フィネス分野のスペシャリスト。

数多くのブランドのテスターを務める福岡県在住の注目アングラーです。

 

詳細はこちら

"SEIGANDO" Diary

2018年

12月

17日

直射日光による目へのダメージが深刻な野外作業には、ブルーライトカットに特化したレンズカラーがおすすめです

「Zepue(ゼクー)× ウェイブプラス・ハイカーブ」でクレーン作業用メガネ

◎フレーム:Zeque by ZEAL OTICS/Feiz ◎レンズ:Ito LENS/WAVELUS 1.60
◎フレーム:Zeque by ZEAL OTICS/Feiz ◎レンズ:Ito LENS/WAVELUS 1.60

高所クレーン作業用のメガネをご相談頂きました。1度クレーンに乗り込むとほとんど降りない事が多く、朝から晩まで気を使う作業を行うそうです。クレーンの運転座席は1日中太陽からの日を浴び直射日光、横からの光と神経を使いながら日光との戦いでもあると目へのダメージは深刻です。そこで「一日中かけていても眩しくなく鮮明に見えるレンズはないでしょうか?」とのこと。

サングラスや調光レンズなどでは一日中かけるには個人的に少し難があるそうで、今回は私がアジングで愛用しているLCイエローというレンズカラーをオススメさせて頂きました。このカラーはブルーライトカットに特化したレンズカラーの1つ。ブルーライト領域より上の波長を落とさないため、視覚効果を明るくする作用が得られるので明るく見せるのに眩しくない。目の疲れを和らげるのと同時にクリアな視界が広がります。そんなレンズカラーに眩しい光をやわらかな光にかえるネッツペックコートを施し、減光効果と調節力の補助効果をより高めたレンズにしました。

さらに新基準の紫外線カットレンズであるWAVE PLUS(ウェイブプラス)にする事で最近の研究で目への影響が明らかになった400nm〜420nmの間のHEVもカットします。実際に私は子供のサッカーの応援などで夏の炎天下でかけてきましたが、眩しくなくとても見やすいです。夜のアジングや車の運転でも明るくメリハリがあり見やすいので、大変重宝しています。お客様も同様で「見やすく眩しくない。疲れが全然違う」と大変喜んでいらっしゃいました。ご友人もご紹介頂き大変ありがとうございました。

 

ご提供した商品

◎フレーム:Zeque by ZEAL OTICS/Feiz (ゼクー/フェイズ) 価格25,000円(税抜)

◎レンズ:Ito LENS/WAVELUS 1.60 (イト―レンズ/ウェイブプラス) LCイエロー ネッツペックコート ハイカーブ度付きレンズ 価格35,000円(税抜)

合計:60,000円(税抜)

2018年

12月

13日

【釣り日記07】がまかつ 宵姫 天 54で尺アジ釣り

夕方のマッドウォーターでブラックバス釣り

【日付】2018年12月中旬

【天候】晴れ

【釣り場】北九州若松

【釣った魚】アジ

久しぶりの釣り日記です。11月はお店が忙しいのと海水温が下がらなかったのであまりアジングには行きませんでした。

12月に入りホーム周辺でサイズの良いアジが釣れてるみたいです。私は仕事が終わってからしか出れませんが、夕まずめには仲間が尺アジを仕留めるなど良い釣果。

11月は関門エリアが良かったそうですが、12月に入り若松エリアが良いそうです。

仲間達の情報を頼りに二夜連続で探ってきました。

 

尺アジを仕留めるつもりでの釣行ですが、ロッドは【がまかつ 宵姫 天 54】。

「このロッドでどのくらいのサイズまで抜き上げ可能なのか?」と、

ワンハンドキャスト専用のグリップ構造がアジの引きをダイレクトに楽しめるのでハマりにハマっているロッドです。

お店のブログとは別にアジングに特化したブログをUPしたりしてますのでよろしかったらのぞいてみて下さい。

 

■ブログ:素直にアジングが楽しくて...。http://aji1.hatenablog.com/

 

アジングに出かけた二夜共に爆風で、投げれる場所が限られていましたので、横風を受けるのは避け、あえて真正面から受けての場所に入りました。

理由は2つ。

  • 風に流されてプランクトンや小魚が寄っているはず
  • 明るい街灯の明暗部にサイズの良いアジがいるはず

ポイントに入り海面をじっくり観察してからの1投目。ナイスサイズのアジです。持ち帰った仲間が後日サイズを測ると28センチだったそうです。尺には届かなかった。

その後少しの間沈黙。それからポツリポツリと追加していく事が出来ました。

 


メガネ情報:風が強い日にも役立つTALEX(タレックス)レンズ

この日はTALEX(タレックス)モアイ ブラウンを使用していました。1投目にじっくり観察した際に、実はアジの姿を確認していて、狙って釣れました。近場の明暗部にいるアジも確認出来ていました。風で海が波だった状況でしたが、TALEX(タレックス)はきちんと活躍してくれています。

また、爆風での防風やチリやゴミなどからも眼鏡をかける事で楽になります。特に防風性能が高いフレームでなく、ファッション性で選んだフレームでも眼鏡をかける事で全然違います。別に伊達メガネでも良いと思います。爆風での目の保護は大切です。レンズをひと工夫すれば保護だけでなく、視認性も上がりますよ。

また、今愛用しているラインはよつあみのアンバーコード SG S-PET 失透グリーンを愛用しています。タレックスのモアイシリーズをかけてこのラインを使用するとラインもかなり見やすいですよ。


2018年

11月

19日

夜間、視界を優しい光で包んでくれるTALEX(タレックス)の「MO'EYE(モアイ)モアイレンズ」

「OZNIS(オズニス)× TALEX(タレックス)」で夜間運転、夜釣りに使える夜用メガネ

◎フレーム:OZNIS/COMBO 01  ◎レンズ:TALEX/MO'EYE PURPLE
◎フレーム:OZNIS/COMBO 01  ◎レンズ:TALEX/MO'EYE PURPLE

夜間運転でのお悩みを解消できるメガネを求めてご来店されたお客様。TALEX(タレックス)のMO'EYE(モアイ)レンズを体験いただき、「MO'EYE PURPLE(モアイパープル)」をお選びいただきました。このカラーはシャープな視界で夜間運転やオフィスワークで感じる乱れた光を整列させ見やすい視界を確保してくれます。お客様は夜釣りをされていています。ルアーチェンジなどで手元をライトで照らす時にはしっかりと手元の光も柔らかくしてくれます。気がつかない様な所で活躍してくれるTALEX(タレックス)のMO'EYE(モアイ)レンズは目の健康を気遣う方へおススメのレンズです。

フレームにはTALEX(タレックス)レンズを専用に装着するOZNIS(オズニス)。新しく発売された「COMBO 01」はクラシカルな雰囲気の玉型に異素材をコンビネーションさせた上質感あるフレームです。ウェリントン型のレンズシェイプとツーブリッジの組み合わせが個性的な印象に仕上げてくれます。

先日使用感を教えて頂き事が出来ましたが、「これがないと夜間運転はしたくなくなりました。夜釣りの時も重宝しています。帰りの運転も楽になりました。他のレンズカラーも欲しいですね。」と、大変喜んでいらっしゃいました。

 

ご提供した商品

◎フレーム:OZNIS/COMBO 01 (オズニス/コンボ01) 価格20,000円(税抜)

◎レンズ:TALEX/MO'EYE PURPLE (タレックス/モアイパープル) PPL08 ハードマルチコート 6カーブ 度付き偏光レンズ 価格36,000円(税抜)

合計:56,000円(税抜)

◎レンズ:TALEX/MO'EYE PURPLE (タレックス/モアイパープル)
◎レンズ:TALEX/MO'EYE PURPLE (タレックス/モアイパープル)

夜間運転の際、 「すれ違う対向車のライトや街に灯る明かりが妙に眩しく、イライラして目が落ち着かない」 「少し路面か濡れていたら最悪でギラギラと集中出来ない」。そんな悩みを解決してくれるTALEX(タレックス)のMO'EYE(モアイ)レンズ(3色)。 日常にはスマートフォンやパソコン、そして何気ない家のLEDライトなど不快に感じる光が溢れていますが、モアイレンズはそんな不快に感じる光を柔らかく優しい光に変えてくれるレンズです。

  • MO'EYE GRAY(モアイグレー)
  • MO'EYE BROWN(モアイブラウン)
  • MO'EYE PURPLE(モアイパープル)

2018年

10月

18日

【釣り日記06】常夜灯下でのアジシング

夕方のマッドウォーターでブラックバス釣り

【日付】2018年10月14日・15日

【天候】晴れ

【釣り場】北九州若松

【釣った魚】アジ

今回は連続釣行です。一日目は複雑な潮の流れでレンジがコロコロ変わるホワイト系の街灯があるポイントに友人と一緒に入りました。流れに応じてジグヘッドのウェイトを調整して上手くアジのいるレンジに入れないとアタリは全くないポイントです。

アジはいる様ですがやはりこのポイントは難しい。3時間粘ってアジ6匹でした。友人はボトムだけに縛っていた様でボトムを流しているとそこそこのサイズのヒラメ。数は全くですが楽しめました。

 

次の日は別のポイント。友人と4人での釣行です。前日に気難しいアジングを楽しんだので、この日は比較的イージーなポイントに。

サイズは20cmから23cmまで。常夜灯の明暗部とボトム付近を中心に攻めます。リグウェイトを調整しないと食いが浅く中々なからない。軽過ぎると飛距離。そしてボトムまで入らない。リグウェイトが重要な日でした。

 


メガネ情報:常夜灯下での釣りに最適なレンズ

今回初二日間共にホワイト系の常夜灯下での釣りでしたので、タレックスのモアイブラウンを使用しました。

ホワイト系の常夜灯下では個人的にこのカラーを使う頻度が高いです。ポイントまで街中を走らないと行けないので、夜間の街灯や対向車のヘッドライトなどの眩しさも軽減してくれます。

このカラーを含め数種類のレンズをご提案出来ます。詳しくは店頭でお尋ね下さい。


2018年

10月

11日

【釣り日記05】日暮れ時、月あかりでのアジング

夕方のマッドウォーターでブラックバス釣り

【日付】2018年10月4日

【天候】晴れ

【釣り場】北九州若松

【釣った魚】アジ

予定していたポイントに入れなかったので、久しぶりに行ってみました。

今までは常夜灯がついていたポイントですが、一年程前から常夜灯がつかないという話しを聞いていて足が遠のいいました。

行ってみると、少し話しと違って常夜灯の調子が悪いみたいでついたり消えたりしていました。

夕まずめを少し過ぎ、日が落ちかけた時から入りました。入ってすぐは常夜灯はついてなく月あかりでのアジング。

1gから開始しますがバイトが浅い様で中々のらず、0.8gと0.6gと少しづつウェイトを落としていき最終的には0.5gがバイトが深くかかりが良い感じでした。

ワームも少しづつローテーションさせていき、クリアカラーに赤ラメ、青ラメに点発光のカラーがバイトも深く、アタリも多かったです。

常夜灯がついていない時の方がアタリが多く、30分に1回くらいのペースで常夜灯が着きます。

常夜灯がついた時に浮き気味のアジはゆっくりと沈んでいきます。常夜灯がついている間は沈んでいたり、明暗部にアジが光を避け避難している様でした。

 

 

メガネ情報:夜間の釣りも一工夫したレンズの眼鏡で釣り高アップ!

続きを読む

2018年

10月

05日

【釣り日記04】北九州若松にて夕まづめからのアジング

夕方のマッドウォーターでブラックバス釣り

【日付】2018年10月2日

【天候】くも

【釣り場】北九州若松

【釣った魚】アジ

この日は休日。本当に久しぶりに夕まづめからのアジングです。

通い慣れたポイントでの釣行。餌の方、アジングの方と先行者の方に隣に入れて頂きアジング開始。

完全に餌にアジが付いている様でワームでの反応がイマイチでした。

日も落ち常夜灯が海面を照らしだした時間からワームでも反応し始めますが釣れるのは豆アジ。

20時からポイントを変えて仲間がいるポイントへ。

ライトの中には鯖が出たり入ったり。ライトの外側からアジの反応があります。

この日はカウント10から15の間でそこそこのサイズが上がります。

ライトの外側、内側どちらもボトム付近では豆アジでした。

またに狙ってみるライトの中に入っては出て行く鯖を狙ってみますが中々口を使ってくれません。

ワームのカラーを変えてクリアに赤ラメにすると1発。口を使ってくれます。そんな日でした。

ライトの中にたまに良いサイズのアジも確認出来るのですがこのサイズのアジはワームを見切るのか全く反応してくれません。

何十匹とアジを釣り上げた終盤にふと足元、そして鯖の少し下のレンジを良く見てみると50cmから70cmのスズキの魚体がチラホラと。

10匹程はわいているみたいでアジの反応も薄くなったのでストップフィッシング。

時計を見てみると0時。この日の釣果は釣れすぎでした。仲間のご近所さんの酒のつまみになるみたいです。

メガネ情報:明るく見せてくれるのに眩しさを抑える、不思議なレンズがあります

続きを読む

2018年

9月

27日

【釣り日記03】夕方のマッドウォーターでブラックバス釣り

夕方のマッドウォーターでブラックバス釣り

【日付】2018年9月25日

【天候】晴れ

【釣り場】飯塚市某野池

【釣った魚】ブラックバス

前回、前々回と朝方の釣行だったので今回は夕方に狙ってみる事に。

朝方はシャローに上がってくる時間が早い時間かもしれない。と、いう事で時間を大幅に変えてみました。

相変わらず「濁りが激しい」というか「水が汚い」というのが本音ですが、マッドウォーターです。

なぜにこの野池に固執して現在通っているのか?理由は家から近い!フローター を担いで歩いて行ける野池だからです。 

 

今回は少しロッドの事にも触れておきます。

今回使用しているロッドは6フィートのMH。ラバージグをメインにカバーの中から引きずり出すという釣り。ラインは25ポンドと結構太めです。

フローター で入ると分かるのですが、マッドウォーターやクリアウォーターと同じ池でも場所場所で水質が違います。今回狙いを定めているのはマッドウォーターですが、岸際はクリアウォーターの場所のシャロー。水深50センチ位のシャローに場所を絞っています。

やや遠くからカバー回りを確認してから1度岸にキャストしてからゆっくりと水の中にラバージグを落としていきます。シャローに上がって来ているデカめのバスのみに的を絞って狙ってます。水深50センチなんで勝負は早い。ブラックバスこそ見えませんが水面下には朽ちた太めの枝を確認。そこを狙った一投目。水の中にラバージグがす~っと入った瞬間に朽ちた枝の奥からブラックバスが出てきたのを目視。

ふっ。とラバージグを浮かせた瞬間にガバッ!と咥えた瞬間すかさずフッキング。瞬時にカバーに潜ろうとするブラックバスをロッドのパワーで押さえ込み見事にキャッチ成功。最後の最後まで必死に抵抗するブラックバスにバシャバシャと水がを顔面にかけられる事に。

50センチには届きませんでしたが狙いを定めた釣り方できちんと結果が出たので満足でした。


サングラス情報:水中だけでなく、木の下の影も確認しやすいレンズカラー「TALEX(タレックス) イーズグリーン」

フローターやボートなどは池側から岸際にキャストする事が多いと思います。木の下などの影になったカバーなどはやはり明るく見せてくれるレンズカラーは必須です。

今回もレンズカラーはTALEX(タレックス)のイーズグリーン。水中だけでなく、木の下の影も確認しやすいレンズカラーです。

また今回はブラックバスに顔面をビシャビシャにされました。

偏光サングラスをかけていると汚いマッドウォーターの水が目に入りにくいのでそんな所でも役に立ちます。

続きを読む

2018年

9月

20日

【釣り日記02】飯塚市某野池でブラックバス釣り

飯塚市某野池でブラックバス釣り

【日付】2018年9月18日

【天候】晴れ

【釣り場】飯塚市某野池

【釣った魚】ブラックバス

前回と同じ野池にフローター での釣行。

前回シャローに上がってきているデカバスを確認していたのでそのデカバスを狙っていきました。

結果から言うと残念ですね。シャローには上がってきていないようでした。

朝方7時半位からでしたので、もしかすると食い気がある時間を過ぎていたのかもしれません。

デカバスは潔く見切り、別の楽しみ方での釣行に切り替えます。まずは表層。トゥプウォーターで。

カバー回りやストラクチャーに静かにキャストして狙います。

時間的な問題かと思いますがトップでは1匹。

その後ヘビーカバー回りを中心に自分でラバーを巻いたラバージグで数匹追加。最後にはノーシンカーでヘビーカバーの中に直接投げ込み無理矢理引きずり出しました。 

サングラス情報:「釣り」には欠かせない「TALEX(タレックス)」

今回の釣行で思った事はTALEX(タレックス)レンズの重要性です。

この野池はマッドウォーターなのですが、TALEX(タレックス)レンズなしでは水面から数センチ20、30センチほども見えません。

しかし、TALEX(タレックス)レンズで見ると40、50センチほどの深さまで見る事が出来ます。

マッドウォーターでのカバー回りは少しでも水中が見えた方がブラックバスの着き場や沈んだ枝の状況などが見えるので釣りがしやすくなります。

また根掛かりでルアーをロストするリスクも減らせますよ。

カバー回りやストラクチャーなど影になったりする所はやはりイーズグリーンやラスターオレンジ、ラスターブラウンがオススメ。この日もイーズグリーンが活躍してくれました。

 

これからの季節に活躍してくれるTALEX(タレックス)のレンズカラー


2018年

9月

19日

ゴルフや釣り、車の運転にも!万能なレンズカラー「OAKLEY SLATE IRIDIUM(オークリー スレートイリジウム)」

「OAKLEY(オークリー)× OAKLEY純正RXレンズ」でスポーツサングラス

◎フレーム:OAKLEY/FLAK2.0  ◎レンズ:OAKLEY/OTD SV
◎フレーム:OAKLEY/FLAK2.0  ◎レンズ:OAKLEY/OTD SV

清眼堂 飯塚店の表にはOAKLEY(オークリー)の旗が飾ってありますが、それを見てご来店されたお客様。じっくりゆっくりお話しをお伺いすると、ゴルフをメインに釣り、車の運転にも使えるスポーツ度付きサングラスを検討しているとの事でした。

視力検査をしてみると私とほぼ同度数でしたので私が使っているOAKLEY(オークリー)の純正RXレンズ"試しにお掛け頂いた所、「良く見える!」と早速お作り頂く事になりました。一日中コースを回ると嫌でも目に紫外線を浴びる事になりますがOAKLEY(オークリー)のレンズであればしっかりと紫外線もカットし、目の疲れを軽減してくれます。

オススメしたレンズカラーは、ナチュラルな視界で急な天候の変化にも対応してくれるOAKLEY(オークリー)の純正レンズカラー「SLATE IRIDIUM(スレートイリジウム)」の偏光レンズ。 可視光線透過率24%と濃すぎず薄すぎないグレー系のレンズカラーですが、偏光レンズにする事でゴルフコースを回る時など地面の不快なギラギラをカット。グリーンでのパット時も芝目を綺麗に見せてくれます。釣り(オフショア)の時も同様で、水面からの光に空からの光としっかりと目を保護してくれます。写真で見てもらうと分分かりやすいと思いますが、床の反射がなく木目がきっちりと見えています。不快なギラギラした反射をカットし、ゴルフにも釣りにも車の運転にも使えるオールマイティーなサングラスに仕上がりました。

ご提供した商品

◎フレーム:OAKLEY/FLAK2.0 (オークリー/フラック2.0) 価格17,000円 (税抜)

◎レンズ:OAKLEY/OTD SV (オークリー/オークリー・トゥルー・デジタル シングルビジョン) スレートイリジウム 度付き偏光レンズ 価格45,000円(税抜)

合計:62,000円(税抜)

 

 

 

◎フレーム:OAKLEY/FLAK2.0  ◎レンズ:OAKLEY/OTD SV
◎フレーム:OAKLEY/FLAK2.0  ◎レンズ:OAKLEY/OTD SV

2018年

9月

10日

【釣り日記01】飯塚市某野池でブラックバス釣り

【日付】2018年9月6日

【天候】曇り

【釣り場】飯塚市某野池

【釣った魚】ブラックバス

早朝明るくなってからの釣行でした。店をオープンする前の短時間釣行。

シャローを中心にフローターでそっと近づき、まずは食い気のあるブラックバスをスピナーベイトで幅広く探りました。

何匹かスピナーベイトで釣れた後、場が荒れたせいもあると思いますが沈黙。

その後ラバージグで岸際スレスレを狙いキャスト。

岸際べったりではなく少し落ち込んだ場所の朽ち木周りや岩場に子バスが沢山着いていました。

少し深場に着いていたバスまでは確認出来ませんでしたが、タレックスのイーズグリーンで沈んでいる朽ち木、岩場などが確認でき、減水した野池の障害物周りを攻略出来ました。

今回サイズの良いバスは上げれませんでしたがシャロ―に上がってきているは確認出来たので次回狙ってみます。 

サングラス情報:釣り高はレンズカラーの使い分けが鍵!

今回は水が濁りがちだったので、少しでも明るく障害物を確認したかったので「TALEX(タレックス) イーズグリーン」を使用しました。

サングラスは釣りに欠かせないアイテム。大抵の人はTALEX(タレックス)のサングラスを使っていると思います。

最初の一本目はトゥルービュー(TRUEVIEW)やトゥルービュースポーツ(TRUEVIEW PRORTS)の方が多いですが、早朝や夕方などの釣りでは、もっと明るく見えるレンズカラーがおススメです。

 

  • コントラスト性能と明るさを確保してくれるラスターオレンジ。
  • 明るくナチュラルな視界で見やすいイーズグリーン。
  • 幅広い天候に使え自然な色合いに明るさとコントラスト性能がうまく加わったラスターブラウン。

サングラスは一本ではなく、その時のコンディションに合わせてカラーの使い分けをして釣り高で差をつけましょう。


釣りに欠かせないTALEX(タレックス)

続きを読む

店舗のご案内

清眼堂 飯塚店

所在地:〒820-0070 福岡県飯塚市堀池117-2

電話   :0948-43-4829

営業時間:10時~19時(火曜日定休)

清眼堂 田川店

所在地:〒825-0017 福岡県田川市寿町1-15

電話&FAX:0947-46-2138

営業時間:9時~18時15分(不定休)

 

<アクセス>

【お車でお越しの場合】

国道322号線沿い九州労働金庫(ろうきん)のとなり。カーナビは住所または電話番号で検索して下さい。無料駐車場がございます。

【電車でお越しの場合】 

平成筑豊鉄道 伊田駅下車 徒歩10分。

 


お取扱いブランド

シーン・用途別

清眼堂サービス

TALEX(タレックス)見え方無料体験

MAXtremer(マックストリーマー)見え方体験

度付きハイカーブ・スポーツサングラスが実現

サングラスのカスタムツールでより快適に


Seigando Blog

Facebook