清眼堂(SEIGANDO MEGANE WORKS)は福岡県田川市のサングラス、メガネのアイウェアショップです
あんさんぶる治療院
清眼堂

アジングと運転に「ZEALOPTICS(ジールオプティクス) × TALEX(タレックス)」で夜間用メガネ

◎フレーム:ZEAL OPTICS/Walz Alt ◎レンズ:TALEX/mo’eye Brown
◎フレーム:ZEAL OPTICS/Walz Alt ◎レンズ:TALEX/mo’eye Brown

アジングをされているお客様より、夜間の釣り用にメガネをオーダー頂きました。

おすすめしたレンズは、夜間運転や室内のパソコン作業など様々なシーンで活躍してくるTALEX(タレックス)モアイシリーズのモアイブラウン。

私も使用しているレンズカラーですが、最初は夜間の釣りでは使用していませんでした。ある日、友人と一緒に志賀島の弘漁港へ釣りに行った際、たまたまかけていたモアイブラウンが夜間の釣りに効果があることがわかりました。

弘漁港の人気スポット「デカイテトラ」でのこと。漁港の外灯がもれているテトラ側ではモアイレンズをかけている私は目視出来るのに、友人は目視出来ませんでした。その後も色々な場所にアジングに行きましたが、やはり違いがありました。魚影はもちろんですし、ジグヘッドの着水した場所や明暗部の魚の発見率なども含め細かな差が....。

夜間の釣りで違いがわかる方にはおすすめなTALEX(タレックス)モアイシリーズです。

◎フレーム:ZEAL OPTICS/Walz Alt ◎レンズ:TALEX/mo’eye Brown
◎フレーム:ZEAL OPTICS/Walz Alt ◎レンズ:TALEX/mo’eye Brown

メガネをお作りになる際に悩むのがフレームです。そこでフレーム撰びのワンポイントアアドバイス、「フィッティングは大切な要素の一つ」です。

一人ひとり顔のサイズや鼻の高さ、耳の位置などが違いますので、フレーム撰びで間違ってしまうと、きちんとしたフィッティングは難しくなります。デザインも大切な要素ですが、かけ心地もきちんと考える必要があります。

今回お選びいただいたフレームは、普段使いから夜間の釣りまで幅広く使えるシンプルなデザインと軽さを気に入っていただき、ZEALOPTICS(ジールオプティクス)の「Walz Alt (ワルツオルタ)」。レンズにストレスをかけないセパレートタイプになっており、掛けた時にレンズに歪みが入りにくいのでスッキリとした視界です。軽くてかけ心地が良く、サイズもピッタリで即決でした。

 

ご提供した商品

◎フレーム:ZEAL OPTICS/Walz Alt (ジールオプティクス/ワルツオルタ) 価格:20,000円(税抜)

◎レンズ:TALEX/mo’eye Brown (タレックス/モアイブラウン) ハードマルチコート 6カーブ 偏光レンズ 価格:11,000円(税抜)

合計:31,000円(税抜)