清眼堂(SEIGANDO MEGANE WORKS)は福岡県田川市のサングラス、メガネのアイウェアショップです
あんさんぶる治療院
清眼堂

メガネ

OAKLEY(オークリー)

今や世界最高峰と謳われるアイウエア製造技術を誇るスポーツ&ライフスタイルブランド。

単なるアクセサリーに過ぎなかったアイウエアをスポーツに不可欠な眼を守るギアへと進化させた革新的なデザインと性能で一躍世界に広がり、現在に至るまで多くのトップアスリートに愛用されるだけでなく、一般のファンからも絶大な支持を受けています。科学と芸術の融合を体現するその製品一つ一つには、“テクノロジーをデザインというアートで包み込む”というオークリーの一貫した精神が息づいています。

 

詳しくはこちら

BELLINGER(ベリンガー)

 ベリンガー(BELLINGER)は、デンマーク発ブランド。北欧デザインにとらわれず、美しいレーザーカットを施したフレームが特徴。強度のレンズを入れても厚みが目立ちにくく設計されおり、素材にはチタンやステンレスを多用し、見た目のボリュームからは想像出来ないぐらい軽く仕上がっています。

 

アヴァンギャルドなアート性とインパクトのあるデザインで、遊び心をくすぐります。個性的であることを重んじる人にオススメです。


詳しくはこちら

JISCO(ジスコ)

 JISCO(ジスコ)はスペイン人デザイナーによる機能性とカラーリングにこだわった眼鏡フレーム。メンズ、レディースとも、美しいスタイリングとカラーリングをデザインコンセプトに世界的な展開をしています。安定感のあるレンズシェイプと、特殊なバネ蝶番採用で掛け心地もしなやかです。ビジネスにも使える一味違うこだわりの詰まったアイウェアです。



詳しくはこちら

QBRICK(キューブリック)

 QBRICKが製作する立体的で独創的なアイウェアはボリューム感や存在感を演出するデザイン面だけでなくフィッティングや、掛け心地の面でも大変優れていて多くのアーティストやミュージシャンに愛用者が存在します。他に類を見ないその独創的なデザイン性も評価が非常に高く、2010年にリリースをされたモデル「 BTY24」は、国内最大級の眼鏡の展示会でもある『IOFT2010』にて アイウェア・オブ・ザ・イヤー をみごと受賞しています。


詳しくはこちら

DRAGON(ドラコン)

「サーフィン」や「スノーボード」「ダートバイク」などで人気のDRAGON。

 

サーファーのロブ・マチャドやミック・ファニング選手もかけている重厚感たっぷりのメガネフレームです。テンプルをたたむと横から見えるドラゴンのロゴが特徴的。斬新なデザインはロックテイストをふんだんに醸し出し、多くのミュージシャンや音楽ファンにも愛用者が多いブランドです。

 

詳しくはこちら

OWL(オウル)

OWL boasorte はOWLの眼鏡ラインです。

OWL ブランドネーム「梟=知恵の神様「boasorte=ポルトガル語で 幸運を」のキーワードから眼鏡をラッキーチャームとして、幸運を身に付けられる様に普段から身に付けて頂きたく「プライベート」「ビジネス」「ライフスタイル」で幅広く活躍出来る。また顔だけでなく全身でスタイリング出来る様OWLらしいポップでハイセンスなモノを提案しています。


詳しくはこちら

LINDBERG(リンドバーグ)

 LINDBERG(リンドバーグ)は、デンマークのアイウェア・ブランド。「最小限の構造で最大限の機能を実現する」というコンセプトの通り、軽さとフィット感が最大の特徴です。

 

すっきりとしたディテールに、激しい動きをしてもネジの緩むことのない自然なつけ心地、フレキシブルで丈夫なフレームを可能としているデザインは、年齢や性別を問わず世界中のメガネ愛用者の幅広いライフシーンを快適にしてくれるでしょう。


詳しくはこちら

GROOVER(グルーヴァー)

誰もが似合うスタイルよりも、Identity を表現するアイウェアを GROOVER(グルーヴァー)は目指します。

人の印象を左右しかねない重要なポジションの眼鏡に「今」満足していますか?

そうもしかしたらご自身の内実を上手く表現出来ていないかもしれません。

GROOVER(グルーヴァー)は変身するガジェットではありません。あなたの Self Identity でありたいのです。

 

詳しくはこちら

KameManNen(カメマンネン)

日本のプライドの結晶ともいえる、ハイクオリティーなコレクションを提案しているKameManNen(カメマンネン)。

 ものづくりの国”日本”の誇りを背負ったKame ManNen(カメマンネン)のフレームは掛け心地や耐久性に拘られており、素材や技術は常に新しい物を取り入れているのが特徴です。

 

 

 

詳しくはこちら

TURNING(ターニング)

TURNING(ターニング)

職人が丁寧に作り上げる「体温の伝わる眼鏡」。1996年のTURNING(ターニング)立ち上げから、一番大切に追求してきた“掛け心地”にこだわった谷口眼鏡が自信を持ってお届けする眼鏡です。

扁平顔の多い日本人に合うようにノーズパッドの工夫をしフィット性の高いパットを開発しました。また「TURNING(ターニング)」は、純チタンとβチタンのジョイント芯を全ての商品に使用しております。これによりバネ性と加工性を確保、フレームの柔軟性とお客様への最適なフィッティングが実現します。

 

詳しくはこちら